特殊講義M(企業発展実態分析)とは?

特殊講義I(企業発展メカニズム分析)を踏まえていますが,特殊講義Iを履修せずに特殊講義Mを履修することは可能です。

 

【開講時間割】

木曜日1時限

 

【履修基準年次】

3年次以上

 

【対象学科】

経営学科

(特殊講義のため,他学科の方は履修できません。ごめんなさい。)

 

【教 室】

21号館6階 605教室

 

【履修定員】

20名

この授業は,企業行動論I・IIの授業内容を前提として,より具体的な事例をグループで調査・分析・研究し,プレゼンテーション&議論するというタイプの授業です。したがって,通常の講義型科目とは異なり,自分たちで調査・分析・研究・準備・報告するという「アクティブ・ラーニング」タイプの科目となります。

 

原則として,企業行動論I・IIをすでに履修していることが本科目履修の前提条件ですが,意欲がある場合は2015年度に企業行動論I・IIを同時に履修することで,本科目の履修を認めます。

 

ただ,授業の性質上,人数に限定を設けます。20名を上限とします。初回(4月9日)の履修希望者が20名を超えた場合は,抽選となりますので,その点あらかじめご了承ください。

 

 

やってもらうことはたくさんありますので「楽」な授業ではないと思いますが,意欲的に取り組めばきわめて「楽しい」授業です。意欲ある方の,積極的な受講をお待ちしています。

特殊講義M(企業発展実態分析)講義概要
特殊講義M(企業発展実態分析)を受講しようと考えている方は,必ずご一読ください。
[実態分析-2015年度]第1回-Einfuehrung.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 242.4 KB

特殊講義Mの基本的な授業展開

更新情報

  • 講義情報をいくつか更新しました。

講義関連

2015年度後期(木曜日1時限目)開講の特殊講義I(企業発展メカニズム分析)を履修したいと考えている方は,必ず初回に出席してください。

 

なお,恐縮ながら,この科目は経営学科の学生(2回生以上)しか履修登録できません。

ゼミTwitter

ゼミブログ

アクセスカウンター